美容・健康に関連する情報

「つやつや、サラサラな髪に」ケイ素に期待される美容・健康効果

2018/05/06

人間は年齢を重ねていくと髪のボリュームがなくなり、白髪が増えてきます。最近ではストレス等で脱毛や薄毛になる若い女性も少なくありません。
毛髪は毛母細胞が分裂し、成毛期、退行期、休止期を経て抜けていきます。

私たちの毛髪は約10万本あり、頭髪全体でこのサイクルを繰り返しているのです。20歳頃までは太くてしなやかな髪ですが、中年、老年になるに従って細くなっていき、伸びるスピードも落ちてしまいます。白髪になるのは新陳代謝が衰え、色素細胞の機能が不活発になり、メラニン色素が造られなくなっていくからです。

髪の毛が細くなりコシやハリがなくなるのはコラーゲンの密度が下がり、ケイ素が失われていくからなのです。ケイ素は髪の毛の主要な部分として役割を果たしています。
しかし、ケイ素は40歳を境にその半数が体内から失われてゆき、自分の体で造り出す事は不可能なのです。

髪が抜ける原因は血管のつまりや老化です。
ケイ素を飲用する事で血管が強くなり血液がサラサラになります。「血液サラサラ」で血行が良くなると毛根の細胞にも栄養や酸素が行き渡り毛根が丈夫になります。

毛根が丈夫になると元気な髪が生えてきます。髪の新陳代謝が良くなると毛根に栄養が行き渡り白髪も少なくなるのです。