ケイ素のことを知ろう

「”イオン交換″を活性化させてくれる」ケイ素のミラクルパワー徹底解剖

2018/05/06

私たちに体を水分にはイオンが含まれています。

イオンとは、水に溶けると電気を通す物質で、細胞の浸透圧の調節や筋肉細胞や神経細胞の動きに関わるなど、重要な役割を果たしています。また、多すぎても少なすぎても細胞や臓器の機能が低下し、命に関わる時があります。

イオンにはプラスとマイナスがあり、細胞内外でそのバランスが崩れると、イオンチャネルという水門のようなものが開閉しバランスを調整します。イオン交換の際には、栄養素や酸素を取り込むと同時に、老廃物などを排出するので、イオン交換は非常に重要です。また、イオン交換が滞ると、細胞内に水分がとどまってしまうため、むくみや水太りが起こります。

ケイ素はイオン交換を活性化させる効果があるため、体を健康な状態に保つとともに、細胞が水分をため込むことによる弊害を防いでくれると考えられています。