ケイ素のことを知ろう

月刊センチュリー 2018年11月号/「SUPER SILICA」を世界に広めていき、ケイ素のスーパーパワーを感じてほしい

2018/10/16

美容にも健康にも良いと、各方面から注目を浴びている素材、ケイ素。『Gケミカルラボラトリー』では、このケイ素を経口摂取できる商品「SUPER SILICA」を扱っており、島崎会長は「良い物を広めたい」との思いで事業展開を図っている。本日は村野武範氏が、会長と右腕である武藤さんにインタビュー。

─まずは、島崎会長の歩みからお聞かせ下さい。

(島) アメリカのサンディエゴ出身です。父が日系アメリカ人なんです。1歳の時に日本に来て、小さいころは悪ガキでやんちゃばかりしていました。10代のころには政治活動に首を突っ込んだり、新宿のディスコでボーイをしたり、当時から興味のあることは何でもやりました。社会人になってからは、実家が土地を売って喫茶店とアパートを経営していたので、そちらを手掛けていたんです。しかし、うまくいかなくなったので、宝石や健康器具のセールスマンとして働くようになって、バブルの時には不動産業界に参入。時代の流れや自分の興味に応じて、色々とやってきました。株もやっていたのですが、その関連で冤罪で勾留されたこともありましたね(苦笑)。ただそれも、貴重な人生経験になりました。

─なんと、波瀾万丈の人生ですね。

(島) 波瀾万丈過ぎて疲れました(笑)。証券関連の仕事をしていたこともあって、その時に、同じ業界にいた武藤と出会ったんですよ。

(武) 会長と出会った時、最初はちょっと怖そうな人だなと思ったのですが(笑)、話してみるととても情に厚い方でした。自分の人生経験が豊かだからこそ、視野が広くて様々な意見を尊重し、周囲を大切にできる人ですね。そうして縁があって、会長から「一緒にシリカ水を扱う事業をしよう」と誘われ、今に至っているんですよ。水溶性のケイ素を含有した食品「SUPER SILICA」の販売を行っています。

─ケイ素、ですか。

(武) はい、水晶の主成分ですね。ケイ素は体の中の様々な組織を構成する成分で、美容や健康に効果が期待できます。人体にとっては必須ミネラルなのですが、人間はケイ素を体内で作り出すことができず、必ず食事から摂取する必要があるんです。そこで、水溶性ケイ素を高濃度で含有させ、飲料水として手軽にケイ素を摂取できるようにしたのが「SUPER SILICA」なんです。

─ほう、具体的にはどのような効果が?

(島) まず、肌や髪に良いです。ケイ素にはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった肌や髪の美しさや健康に必要な三代成分を結びつける働きがあるんです。またデトックスパワーに優れ、代謝を高めて便通を良くするほか、体内にたまった重金属などの有害物質を排出する力もあります。これは様々な病気の治療にも応用できることで、医学分野でもかなり注目されているんですよ。他にも数え切れないくらい良い影響があって、私と武藤もそれを実感したからこそ、こうして商品を広めようとしているところです。

─それはすごいですね。素人質問で恐縮ですが、飲んでも副作用などはないものなのでしょうか。

(武) もちろんです。ケイ素は厚生労働省の食品衛生法で「人の健康を損なうおそれのないことが明らかであるものとして厚生労働大臣が定める物質」に認定されています。摂取する際には、熱で変成することがないので、料理などに加えていただいても構いません。

(島) 最近はテレビなどでもケイ素の力に触れているのをよく見かけます。美容に関心のあるセレブなどの間では、ずっと以前から話題なんです。当社の商品を多くの人に提供し、その素晴らしさを感じてもらいたいですね。また美容だけではなく、病気で苦しんでいる子どもたちや高齢者の方のためにも、この商品の力を応用していきたいと考えています。

─様々なことをなさってきた会長の、新たな挑戦というわけだ。それでは最後に、お二人の今後の夢をお聞かせ下さい。

(武) 海外に日本人向けの老人ホームを作りたいです。自分の老後の不安を解消するためでもありますけど、福祉事業は社会的にも意義深いことですから。

(島) 私はこの事業を世界に通用するものに育て上げたら、引退して小説家を目指したいと思っているんですよ。実は本が好きで、ドストエフスキーなどをよく読んでいました。今既に、少し書き始めています。事業家として動けるのは体力があるうちですから、全力を尽くして、最後は作家として人生を終えられたら最高ですね。

—————————-

「島崎会長は非常にポジティブでパワフルな方で、『悪いことはあまり考えないようにしている』とおっしゃっていました。また、色々な経験をしてこられたからこそ、どんなことも人生の肥やしとして受け入れられる器の大きさを持っていらっしゃいます。お話を聞いているとまさしく小説のようで興味深かったです。会長なら、作家としても成功されるかもしれませんね。今後のご活躍が実に楽しみです」

村野 武範(俳優)


島崎会長は『G ケミカルラボラトリー』ともう1 つ、『グラハム シンリュウ インコーポレイテッド』も経営している。手掛けているのは、最先端のブロックチェーン技術を活用した、「Graham Limited Coin」という仮想通貨に関する事業だ。
特にパラオ共和国ではこの仮想通貨への期待が大きいそうで、会長は2018年6月に同国を訪問。Melekeok 州知事、パラオ共和国副大統領、パラオ新聞社会長、ローマン財閥の統括と会談を行い、Melekeok 州に仮想通貨の取引所をオープンすることで合意したという。さらに後日には、日本にも招待したそうだ。世界を股に掛けて様々な活躍を見せる会長。その行動力とスケールの大きさには、驚かされるばかりだ。

島崎会長がパラオ共和国から要人たちを日本に招待した際の様子

グラハム シンリュウ インコーポレイテッドのサイトへ